FC2ブログ

軌道に乗せるにもまたギャンブル。男はつらいよ【広告編】

イメージ
現在は日本中どこへ行っても資金もノウハウもある風俗店が存在するので、小規模からデリヘルを始める場合、周りがやりたがらない手間を掛ける『ゲリラ戦』がわたくしの手法のひとつ。

たとえば大手がしていないサービスを考えたり、来客したくなるサイトを作ったり、女の子に土下座して働いてもらうのもそうですね。いわゆる商売人の精神で少ない資金をカバーします。

が、色んな相談受けていて気づいたのですが、どうも商売人魂という意味を履き違えている方が多い。その中でも『広告の在り方』について素晴らしい相談を受けました。


相談者
『手っ取り早く集客するには広告になると思いますが、お金をかけて右肩上がりになる根拠がない以上は、むやみにするのも違うと思います』


まぁ言いたいことは分かります。花王だってテレビCMを大幅に削減して黒字化したし、資生堂とカネボウの春のキャンペーン合戦なんて現在は見ませんしね。

しかし、広告に根拠が無いから最低限でもいいのか。いいえ、そんなことありません。





軌道に乗せるにもまたギャンブル

カジノ
広告といっても種類があります。たとえば新店のコンサルをする場合、最初から集客なんてできないのは織り込み済みですから即効性がある広告の真逆から攻め、外堀を埋める手段を使ったりします。

また、ヘブンなら高い広告と安い広告では何十万の差がありますし、ホットポイントなんてイメージキャラクターに『せんだみつお』を使っていましたが(今は知らない)、それだけのギャラ払って広告に使っています。

では現在成功しているデリヘルは『成功したから広告費を注ぎ込めた』のでしょうか?それとも『広告費を注ぎ込んだから成功した』のでしょうか?


答えは、根拠はないけど勝負に出て勝っちゃったんですよ。


そう、『広告費を注ぎ込んだから成功した』のです。自分の経験から語ると、また、世のエリート企業様を見てもそうですが、起業して売上げを大きく増やせる時ってジワジワ来ることは稀。来る時って一気に来る。それは広告の要素も大きい。

もちろん費用対効果の予測だったり、色んな経験値から『広告の作り方』や『問い合わせボタンはどの色が一番効果がある』等の技術は増やせても、それでも広告はギャンブルであり根拠なんてありません。

逆に広告に根拠を見出すくらいなら、それだけ広告資金を注ぐ店はどんな意味があるのか考えた方がいい。こうやって色んな視点で柔軟な発想をするのです。





広告の視点

懐疑的
『むやみに広告を打つのは違う』というのは、商売人魂のようで、実際に成功している店の正反対の考え方です。

少々きつい言い方すると、これはポリシーではなく単に無知なだけ、成功なんてできるわけありません。最初に花王の話題を出しましたが、小規模で経営している店と既に名が通っている大企業とでは戦略が違うからです。

また、不思議なことにできるだけリスクを背負わずボチボチやっても、上がるどころか下がっていきます。恐いもの知らずでイケイケでやっていた頃の方が売上げあったな的な。長年経営された方はこんな経験ないでしょうか?

ついでにいうと、わたくしがコンサルして最も成功率が高いのは、昔は良かったけど時代の波に遅れてしまったり、方向を見失った間におかしくなってしまったケース。

こういった店舗はもともと1回は成功させているので、ガッツとセンスはあるわけ。最初は懐疑的でも手応えが出てくると死ぬ気で頑張り出します。





本日の格言
リスクを犯さなくても結局ダメになるんだなぁ。





次のページへ

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。お問い合わせは下にメールフォーム、又はfuzokuup@yahoo.co.jpへお願い致します。

検索

人気記事ランキング