FC2ブログ

金と女には気をつけろ、の『女』の部分を解説しよう!

甘え
仕事が上手くいかなくなる時ほど女に走る、という自分自身の悪い傾向がございまして、風俗辞めたきっかけが『女子管理』と『色ボケ』です。

当時ハマっていた女とどっぷり過ごしていたら、仕事なんてどうでも良くなってしまい、もう一度ちゃんと仕事しようと思うまでかなりの時間を要しました。

これが学生の頃なら、先生に単なる甘えだと言われ、ぶん殴られれば済む話ですが、社会人になると自由になり過ぎる。会社を辞めるのは自由とはいえ、もっと貧乏になる自由が与えられるのと同じです。

このように色ボケすると仕事が手に付かなくなるイケてない男も存在するわけで、皆様も気をつけて下さい。

さらにデリヘル経営においてもっとイケてない、『金と女には気をつけろ』の格言の『女』の部分について説明したいと思います。





店の女を食うこと

私利私欲
デリヘル経営で『ダミー出勤』を使ことはグレーな手法です。しかし、女の子を増やして実在する在籍嬢にだんだんと入れ替えていけば、クリーンなデリヘル店が出来上がる。勝てば官軍とはこういうことです。

同じように、風俗業界で『色管理』はグレーな手法。

分かっていながらも新規開業において色管理がポイントだと常々申し上げてきました。色管理は軌道に乗せる手っ取り早い手段だからです。

もちろん色管理ですからセックスします。そしてヤッてヤッてヤリまくって、『もう貴方がいないと生きていけない・・』みたいな状態にさせる。そして貴方の『出勤しろ!』という命令に従わせる。

ここで重要なのは、色管理はあくまでも商売として行うことが絶対条件であり、商売で行っているうちは冷静な判断ができるので操作がしやすい。もし別れることになっても、上手く綺麗に別れようとするでしょう。

ところがですねぇ。性欲に負けたり、感情が入って商売の意識が無くなったり、私利私欲で店の女を食うことは


非常にマズい。


もし上手くやれたとしても、人は調子に乗るので同じことを再度繰り返していくうちにマズい事態になるのです。

その1つがバレること。たとえば掲示板に『店員が女食ってるよ』的なリアルな情報が流れたとします。そうなると落ち目。それで潰れて来た店をいくつも見てきました。お客さんは自分ができないコトを簡単にやってのける店側を許せないからです。

日本の中で高く評価されるには、イケメンで話上手で女にモテるけど、女遊びなんかしない、地味な奥さん一筋!っていう表向きなんですね。





女はどうして口が軽いのか?

口が軽い
手癖の悪さがバレるのは自分でペラペラ喋る場合もありますが、原因のほとんどが女です。ではどうして女は口が軽いのでしょうか?

人間の行動は自分が生き延びること、そして子孫を残すことに繋がります。たとえば男の場合は生きていくには仕事(金)になりますし、生きなければ子孫を残すことができません。

つまり大抵の男の関心は

金>女(セックス)


になります。ところが女はどんな男と付き合うかが自分の生存に大きく影響します。多くの男は女に稼ぎを求めないのに対し、女は男の稼ぎを求める。または、育児を手伝ってくれる男かどうか判断する。

稼ぎが良ければ自分が困難なく生き延びられるし、外で遊んでばかりいないで育児を手伝ってくれると安心して子孫を残せる、と思うからです。

つまり大抵の女の関心は

男>金


だから女は男に対する情報収集のために女同士で日々恋バナをしており、どの男がヤリチンで、どの男がじつは金持ちで、どの男がじつは貧乏なのか日々情報共有している。この行為が『女は口が軽い』といわれる要因です。

外で女を作りやりたい放題したり、引っ張ってくることは歓迎されますが、風俗経営において店の女に手を付けることはセコいだけでなく、『それをやっちゃお終いよ!』とレッドカードを与えられるのと同じこと。

『金と女には気をつけろ!』の心理は、女は喋る生き物なので十分気をつけなさい、ということです。





本日の格言
女同士の恋バナにも理由がある。





次のページへ

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら