FC2ブログ

ますますモテるようになる方法【後編】

時間
モテる男がますますモテるようになるのはさまざまな理由がありますが、その一つに『女の脈アリサインを敢えて無視する』といったものもあります。

たとえば、貴方が他の女とセックスするのに忙しい状況だとしましょう。

この場合は、気持ちに余裕があるので敢えて無視できることもできる。女からすれば、サインの無視はむしろ『お前程度の女とはヤル暇がない』という強さの現れと見なされ女の恋愛感情に油を注ぐような効果があります。

ただし、念の為にいうと。

『お前程度の女とはヤル暇がない』というのは、全体的な雰囲気で勝手にオーラとして表れてくるもので、間違ってもこんなことを口にしてはいけません。


口にすると、強がっているだけの嫌な感じの男と思われるだけです。


むしろ、口では適当に甘いことを言いつつ、『あれ?私なんか相手にしてくれないのかな?』と思わせた時だけこのサインの見逃しが強みになる。特に普段ちやほやされている女にはね。

あとは、『私と仕事どっちが大切なの?』的な女性がいうセリフがありますが、他の女とセックスするのに忙しくなくても、仕事に熱中している時は女を相手にする暇がありませんから、これもまた『お前程度の女とはヤル暇がない』オーラに似た現象が起きるのでさらにモテたりするのです。





ますますモテるようになる方法まとめ

キス
ここまでをまとめますと、女からデート中に『脈ありサイン』が出たと判断した場合、それを見逃さず男はギアチャンジして速攻を仕掛けないといけません。

速攻とは、手をつないだり、キスをしたり、人目のつかないところでおっぱいを服の上から揉んだりして、フィジカルに攻め一気にその気にさせること。ここで絶対に茶化したりしたらダメです。

あと、前にもブログで書きましたが大事なことなので再度おさらいすると、男はセックスもしていない女に夢中になったり


『色ボケ』してはいけません。


色ボケすると、攻めちゃいけない時に攻めたり、攻めるべきところで攻められなかったりと冷静な判断が出来なくなります。

つまり、好きになるかどうか、ちゃんと付き合うのかどうかはセックスした後に決めること。この順番は絶対です。セックスするまでは、この女が一番、この女じゃないと駄目だ・・・なんて考えてはいけません。

『俺にはこの女しかいない!!』と思っていいのは、他の沢山の女とやって、やっぱりこの女が一番だ、と思う時だけです。この女以外とデートできないから、この女が一番というのは最悪なのです。





おまけ : モテたいならシティホテル

インターコンチ
特にキャバ嬢さんの場合ですが、今夜どうこうしようと思ったら迷わずホテルを使って下さい。

ホテルより自宅に連れ込みたい方も一定数いると思いますが(経験上、キャバ嬢口説ききれない方ほど自宅派なんだよな・・)、最初の夜だけでもいいのでホテルを利用すること。


それも、ラブホテルじゃなくシティホテル。


ところが、普段はシティホテルの通常料金は高い!!高すぐる!!!そこでご紹介したいのが、【yoyaQ】というホテル検索サイトです。

ヤリチン道の為にあるといっても過言ではないこのサイトは、今夜空いている部屋を格安で泊まれるので、ラブホで宿泊する同等の料金でシティホテルに泊まれたりします。わたくしの場合、

歌舞伎町で飲んでいたら→東京ドームホテル
六本木で飲んでいたら→インターコンチ(ANAじゃなくてベイの方ね)

が多いかな。その時の雰囲気に応じてイケそうならサクッと予約します。両方とも平日なら1万ちょっとで泊まれたりするので、どーーーせ同じ料金払うならシティホテルがいいでしょ。

又、東京じゃなくとも横浜や大阪、名古屋、福岡あたりでも結構使えます。このサイト、今までブログ書いてきた中で一番のオススメかも(笑)




本日のつぶやき
こんなこと書いたけど、じつは自分も2度ほど色ボケしたことはあるけどねw





関連記事

男子スタッフの教育や組織の基本的な原理について。(男と女の接し方の違い) |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら