FC2ブログ

値下げ競争になる原理を優しく説明しよう。

大きい
一時期、牛丼業界では1杯280円といった価格競争が話題になりましたが、よく考えると、これってもの凄い出来事だと思います。

だってラーメンでも1杯1000円ぐらいするし、カフェだとコーヒー1杯500円とかなのに牛丼1杯280円ってやっぱり異常。

じつはこの現象、『囚人のジレンマ』と呼ばれるもので、囚人のジレンマこそが風俗店の価格競争に陥る原因でもあり、牛丼戦争と同じく価格で勝負せざるをえない状況を作っています。

では、どうして価格競争になってしまうのか??

先に理由を説明すると、全国的にも地域的にも独占できるような強靭な風俗店が存在しないからです。むかーし、テレクラのリンリンハウスの成功から風俗へ進出した森下とかいたけど、それでもやはり微々たるものだったよなぁ。





囚人のジレンマ

薄利多売
囚人のジレンマの仕組みを簡単に解説するとこうなります。

①他店より安くする
②安いから客が入る
③安くした分だけ損失になるが、客が入るから結果的に利益が増える

多くのデリヘルでは女の子もサービス内容も大きな違いがありません。こういった状況で多くの客を取り込みたいと思うなら、薄利多売で料金を下げると理屈では客が入ることになります。

ところが、価格戦略の繁栄は長くは続きません。奪われた客を取り戻そうと他店も同じような戦略に走ってくるのです。

①他店が安くしたからうちも安くする
②安くしたから客が戻ってくる
③客は戻ってきたが、安くした分だけ・・・

結果、お客を取り込もうと安くした分だけお互い損失になり、以前より利益が減ってしまう。儲けたいからデリヘル開業したのに、儲けがじぇんじぇん出ないとはなんたることですか!!





客は入るが儲けが出ない

囚人のジレンマ
たとえば、鉄道や電力会社のような独占企業だったり、googleのように圧倒的なシェアを持っている企業は価格競争をする必要がありません。他にも、コンビニの防犯ミラーを作る『コミー株式会社』のシェアは80%なので他と勝負する必要もなければ価格を下げることもない。

しかし、風俗店の場合は違う。デリヘルなんて掃いて捨てるほどあるし、圧倒的な力を持っている店もいません。

もちろん現実はこんな単純なゲームではありませんが、牛丼チェーンがこぞって値下げをした時の状況を振り返ると、客は入るが儲けが出ない典型的な例といってもいいと思います。

ではこの状況に陥らない為にはどうすればいいのか。答えは簡単ではありますが、難しくもあります。

①女の子の数と質
②サービスの質
③市場を作り出す

取りあえず、以上の3のつうち1つでも秀でているものがあれば価格競争から免れる仕組みであることは誰しも簡単に分かります。

女の子に関するものは基本的に求人力と女子管理になり、市場を作り出す・・・市場っていうと大袈裟になりますが、いわゆる隙間を狙う戦略は経営者の知恵と行動力がメインになる。

この隙間を狙う戦略を次回のブログでお届けします。





本日の格言
圧倒的な力を持っている風俗店は存在しない





おススメ記事
■デリヘル開業資金は最低500万円!
■風俗求人に命かけない店は死あるのみ!

■【差別化ノウハウ】余計なお世話ながら夜這い店を分析してみた!



関連記事

M性感を作ったときの話(隙間と効率をメルマガで!!) |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら