FC2ブログ

余計なお世話ながら、風俗嬢によって料金を変える店を分析してみた!【後編】

コスパ
デリヘルを利用したお客さんが『あの店いいよ!』といった口コミは、『料金以上に良い女』or『料金以上に良いサービス』のどちらか2点。

つまり、そういったコスパの良い店は・・・

100円の商品を90円で売っている。
120円の付加価値をつけたうえで100円で売っている。

身近でいえば『ラーメン次郎』とかそうですよね。わたくし的には100円のモノを70円くらいで売ってる感じ。あとはユニクロもそうですね。

逆に高価格の例では『すきやばし 次郎』とか。一生行くことはありませんが、料金はいくら高くても文句いう人はいないでしょう。

もうお分かりのように、地道に長く儲かる商売の答えは


お客さんの満足度が非常に高いこと。


この一点につきる。『すきやばし 次郎』が『今夜は雨でお茶引いてるの、サービスするから来てね。』とかメルマガ送りますか??ってことです。





『輝き』の改善点を勝手に分析

輝き
では、女の子によって料金を変える『輝き』はどう改善すればいいのか。ここで大胆なわたくしの推測で決めつけてみたいと思うんですが、いいですか??

①【均一の料金設定】
料金は均一にしましょう。料金以上の良い女も出てくると思うが、スーパーでいうとこの本日の目玉商品にする。それによって『あの店いいよ!』という認識が広がれば相乗効果により目玉商品以外の女の子も買ってくれるものです。

ちなみにいうと、女の子によって料金を変えている店で流行ってるとこありますか?聞いたことないですよ。


②【デリヘル⇒受付ホテル型に業種変更】
均一料金にして損した部分は回転で補いましょう。その為には移動時間のロスが少ないホテヘルをメインとした業種に変更すること。

もし、誰にもバレたくない富裕層も獲得したいならデリバリーの料金設定は高くする。ただ五反田のホテヘルに有名人が来ることを考えれば受付型でも問題ないと思うんですよね。


③【ウェブ求人に全力投球】
たぶん、女の子の獲得はスカウトがメインだと思われます。(たぶんですよ)それをウェブ求人に力を入れることで、店側が提示する給料額で働いてくれる女の子を増やす努力をする。

スカウト頼りになると、良い女は高い給与でなければ入店しないものだ。逆に、回転率が高くなれば、給料設定を下げてもスカウトマンは連れて来たがるはず。





まとめ

まとめ
わたくしは単純な割引はしたことがありません。その代わり、120円の付加価値をつけたうえで110円で売ることを目指す。メルマガで実際に手掛けた店舗をご紹介しましたが、全てはこの発想から来ています。

逆にファストファッションとかファミレスみたく中身が薄くても価格が安ければ、『質はそれほど追求しない』から満足度を上げることは可能。

昔、店舗だった頃の『渋谷のサンキュー』とか顧客満足度はめちゃめちゃ高かったと思いますよ。

商売において以上のことを理解できるのは、意外と経験が必要です。

この経験は風俗店員を経験したからといって身に付くものではありません。起業するにあたり、風俗店員の経験は必要ありませんと自分が言い切る理由はこういった部分なんですよねぇ。




本日の格言
木を見て森を見ず。





おススメ記事
■デリヘル開業資金は最低500万円!
■風俗求人に命かけない店は死あるのみ!
■風俗面接は口説き!モテない方が面接官だと死亡






関連記事

風俗求人は筋書きがあるドラマ【制作実績について】 |

コメント

初めましてm(_ _)m
地方でデリヘル店にて勤務している花と申します。

これからお店を開業する方や経営者向けに書かれているブログだと思うのですが、
勤務している私にとっても参考になることばかりで、いつも楽しく拝見させて頂いています。

こんな方が店長のお店で働いてみたいなぁとよく思います。
これからも更新を楽しみにしています。
失礼しました♪

正義のヤリマン花へ

こんな方が店長だったら厳しくてついていけないと思いますよ(笑)

週一のブログ更新を心がけておりますが、流石にネタ切れ感が否めないですが、
できるだけ頑張ります!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら