FC2ブログ

キャバ嬢も大変!(もし水上げするなら・・・)

キャバ嬢
本業系のネタが続いたので、今回はゆるい話です。

皆様ご存知のように、女を抱くという目的でいえばキャバクラはコスパが非常に悪い手段です。

相手がどんな美女であれ、どんな素敵なデートであれ、セックスできなかったらスコアはゼロです。そして、時間と金のコストは確実にマイナス。

セックスが目的ではなく、セックスできなくても楽しかったからいい。などという敗残者の言い訳は恋愛では決して褒められたものではありません。こういった意味でコスパが悪い。

しかし一方でただセックスすることを目指すのは間違っているともいえます。

男に性欲があるのは当たり前で、そんな当たり前のことをことさら強調しても変なプレッシャーを感じたり、視野が狭くなるだけ。大事なことは男にセックスの選択権はないということを知ること。

最終的にセックスするかどうかを決めるのは、常に女の方なんです。





キャバ嬢も大変!

コンテンツ
キャバ嬢さんも風俗嬢さんも大変です。

良い客なんて一握りで、水商売の舞台裏を知れば知るほど『大変そうだなぁ』と思うのですが、それとはまた少し違った大変なキャバ嬢さんを見つけました。

■L嬢
■24歳
■長澤まさみ似の清純派
■元歌舞伎町キャバ勤務

風林会館の向かいにある老舗といえば絞られますが、そこの店です。8ヶ月前、知ってる嬢がほぼいなくなったので久々に行きました。

いつもは惚れやすいわたくしなのに、今回はタイプの嬢がなかなか付かない。

最初は友人の指名嬢の為にもフリーで飲んでいましが、同じ嬢が付くようになると毎回場内というのも心苦しくなり、適当に本指入れたのがL嬢でした。

L嬢は真面目で毎日せっせと連絡してきてくれるのですが、頑張って口説きたくなるような女でなかった。そして、友人が指名嬢を口説き落せないと判断し、その店舗から撤退!

わたくしも店に行く必要がなくなったので自然とL嬢の連絡が途絶えがちになると、L嬢からの連絡もパタリと止っていたのです。


そんなことも忘れていた頃、L嬢から8ヶ月ぶりにこんなメールが・・・


L嬢
『歌舞伎町の○○で呼んでもらったL嬢です。出戻りしちゃいました。相変わらず飲んでいますか?』(〃▽〃)キャー♪


こたろう
『おぉ!L嬢!あれ?水上げされたんじゃなかったの?』|д゚)カンサツ


L嬢
『お恥ずかしながら別れて出戻りです。思い出してくれて良かったー♥』



早々に白状した素直なL嬢にもビックリですが、水上げされたことなんて知りません。この世界ではよくある話なので、適当にカマかけてみただけです(笑)


こたろう
『歌舞伎町では日常茶飯事だ!どこに出戻り?』


L嬢
『確かに~!(笑)いま銀座の○○に在籍してるよ!』(〃▽〃)キャー♪


こたろう
『あ、○○ビルのとこだ?じゃあ、また色恋してもらいに行こうかな!』


L嬢
『まさに○○ビル!あのビルも行くのー?こたろうくんの退屈うめるぅ!私も一皮向けたから少しは期待して♪』(〃▽〃)キャー♪


こたろう
『でも・・・。お前、色恋ヘタだったよなぁ。。』


L嬢
『ヘタって言うな!でも休んでたぶん取り戻したいから頑張る♥』


こたろう
『他に得意な営業方法ないわけ??』(・∀・)ニヤニヤ


L嬢
『じゃあ、どんな営業がいいの??』|д゚)カンサツ


こたろう
『枕営業w』(・∀・)ニヤニヤ


L嬢
『からかわれてる!?(笑)』|д゚)カンサツ



こたろう
『いや、マジでお願い!』


L嬢
『もし、したとしてどんなメリットがあるの??』|д゚)カンサツ



;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ


はい、枕嬢のできあがりです。世が世なら打ち首獄門というところでしょう。タイプじゃないと言いつつも、色恋を超えたリアルな枕会話に、恥ずかしながらメールのみでハァハァしちゃいました(笑)

さらに、追い討ちをかけたのは、その3日後・・・


L嬢
『返信ないの淋しぃ!これでも枕バージンだから興味本位なんだけど、枕営業されてどのくらい使うの?』|д゚)カンサツ



客に水上げされている時点で枕バージンとは言えないかもしれませんが、枕噂は出ていなかったキャバ嬢なので、営業手段としての枕は無かったでしょう。

男に夢見て夜の世界から足を洗い、
そして別れ。数ヶ月後に戻ってきても客は切れているのが現実。
そして、歌舞伎町から銀座という地域の違い。

一から出直しというプレッシャーから、枕営業という新たな営業方法で高級クラブの特攻隊という素晴らしい地位を確立していくのではないでしょうか。

まぁ、接客の仕方や仕事に対する考え方もキャバ嬢それぞれあると思いますし、枕営業を批判する娘も多いとは思いますが・・・やっぱキャバ嬢って大変!





もし水上げするなら・・・

大変
風俗嬢さんにもいえることですが、キャバ嬢と本気で付き合うなら水上げしてあげることがベストなのでしょうが、別れてまた夜の世界へと舞い戻っても客は既に切れている状態です。

夜の世界へ戻る戻らないは自分自身が決めることですが、できることならキャバクラ以外の新たな道を作って別れてあげるべきかもしれません。

このL嬢のバカなのか素直なのか発言に、少し可愛く見えたわたくしは、一度だけ復帰祝いとして飲みに行きました!


体目当てじゃないですよ??(¬¬)ホント???


キャバ嬢の復帰を客目線で考えると、再度ホステスとして頑張っていく時って付き合うには難しいタイミングなのでしょうが、行く行く雰囲気を見せ食うだけなら割と簡単かもと思った次第でした。(笑)





本日の格言
水上げするなら、別れた後の面倒も見れるのが男の甲斐性。





関連記事

キャッチコピー(ネーミング)で売上げが変わることを再確認しておこう!! |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら