FC2ブログ

クリスマスプレゼントで大切なことは、負けないこと!

クリスマス
クリスマスも近くなって来たのでプレゼント戦略となるものを書きたいと思うわけですが、何を隠そう、わたくしロマンチスト男子でありました。

学生の頃からクリスマスや彼女の誕生日が来る度に、どんなサプライズを用意しようか考えたものです。

そして、この歳になって辿り着いた答えは、ロマンチックとかサプライズなんて一切必要ないので、


とにかく『悪い意味で目立ってはダメ!!』ということでした。


意味分かりますよね?ナル的要素・自己満要素を含んだ物は誰も欲しくない・・ということです。クリスマスの過ごし方って、実は恋人同士の価値観の違いが浮き彫りになってしまい、別れのきっかけになる場合も多いです。

たとえばクリスマスの時期は、レストランやホテルはサービスが劣悪なうえに金額だけはバカ高い時期なので、合理的な男であれば日付をずらすことを提案することもあるでしょう。

しかし何よりもクリスマスを一大事として考えている女の子の場合は、他の女がいるんじゃないか、という疑念を抱かせたり、裏切り行為のように受け取られたりとリスクがあります。

そういう意味で、男も女もクリスマスなどのイベント関係で大切なことは、勝つことではなく、負けないことが肝心です。





恋人へのプレゼント戦略

ロマンチック
プレゼントは相手との関係性とかシチュエーションで答えが変わってきますので、一概に『コレ!』みたいな物はありません。

そして関係を維持したい場合は、関係を悪化させない最低の金額で乗り切るのが一番です。

もちろん、最低の金額がいくらか・・というのは相手次第で、彼女が考えているであろう最低金額の予測値に少々上乗せする金額が無難でしょう。

あと、恋人関係をとにかく維持したい場合でもプレゼントは高ければ高いほど良いことにはならないのです。

ヤリマンなキャバ嬢で、そのキャバ嬢が普段ヤラせている男よりも自分の方がハイスペックでも、客であればなかなかヤラせてくれないのと同じように、高価なプレゼントは金で女を釣らなきゃセックスもできない、というオスとしての弱さとして受け取られる場合もあるのです。

とうことで、安すぎず相手が喜ぶ物を良いタイミングで渡せばいいのですが、まぁ男にはそれが一番難しいわけで、彼女がどういうものを喜ぶのかよく観察して下さい。ということしかいえないのです。

ちなみに自分の場合は、数点を絞り込んだら後は彼女に選ばせます。

最初は『プレゼントなんていらないよ~』なんていいますが、最終的にはちゃんと選びます。下手なサプライズより、下手なロマンチックより、こうやって相手を喜ばす方が結果的に喜んで貰えます。(経験上)





恋人未満のプレゼント戦略

クリスマスプレゼント
わたくしはある意味アホなのかもしれませんが、すぐにセックスした=他の男とも簡単にセックスする、という発想はありません。自分が魅力的だから彼女はすぐにセックスしてしまったと自然と思えます。

逆にいえば、こちらがプレゼントや価値を提供したり、スペックを見てセックスさせてもらうという関係に気づいたら、あっさりと身を引きますね。


だって信じられるのは自分の魅力や能力だけだからです。


もちろんスペックも一つの魅力ですし、40代にもなれば相応の大人でなければ相手にしてもらえませんが、高価なプレゼントやスペックは金が無くなると終焉を迎えます。

今の時代、公務員でもない限り先の未来は分かりません。ましてや我々のような起業家は1ヵ月後の未来さえ保証されておりません。

また、1度もセックスしていないのにプレゼントするのは普通にありえません。そういったことは、バブリーなパパにお任せしましょう。

まず貴方がやるべきことは、大人の色気を出せる男になり、その女とヤッてヤッてヤリまくって、『私はセフレ?そんなんじゃ嫌!』と言わせる男になることです。





本日の格言
勝って兜の緒を締めよ。勝って財布の紐を締めよ。





関連記事

コンサル失敗例を正直にぶっちゃげます。【こんなはずじゃなかった・・】編 |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら