FC2ブログ

2017年版 悩める風俗経営を質問から振り返る①

2017
今年第1号のブログなので、何か気が利いたネタを探していたのですが、これがなかなか・・。そこで昨年、仕事やメルマガで頂いたご質問の中からピックアップした内容を2回に分けて書いて参ります。

ちなみに1番多い質問は『求人について』でした。

たとえば『広告プランを変えたら効果が出るのか?』『求人サイトを作ったらどうなのか?』的なことですが、利益が出た分をさらに投資して、もっと利益を出すのがビジネスの基本ではあるものの、もし失敗したら先に出た利益はふっ飛んでしまう。

逆に10万円使って20万円儲け、その儲け分を広告やサイトなどの投資にお金を使わなければ、先に出した10万円の利益は確定する。


ここで経営者は悩むわけです。


何かを得る為には何かを犠牲にすることは商売では当たり前ですが、投資に精神論は関係ありませんし、それが上手くいく保証はどこにもありません。

また努力の方向性、という問題もあります。

どれだけ完成度が高い広告デザインや求人サイトが出来たとしても、女の子に見てもらえる導線を甘く考えていると失敗するし、お金の無駄使いになる。

努力しても、投資しても、現在行っている努力が本当に正しい方向なのか、結果が分かるまで確認する術がないのです。いや、厳密にいうとウェブ関連では『A/Bテスト』を行えば数字で証明されます。しかし、これには手間も費用も掛かってしまう・・

といった感じで、2017年版ご質問集としてピックアップしたものを書いていきます。皆様のお役に立てる内容を書けるか分かりませんが、今年もご精読頂ければ幸いです。





2017年を振り返る①

振り返る
Q集客効果がある割引きは?
新人の割引きは、集客という側面から見れば効果があります。しかし新人は割引きしなくても予約が入りやすいのも確か。特に可愛い業界未経験なんてそうですね。何もしなくても高値で売れるのに、安売りする必要はないと考えるのは普通です。この辺りは機会損失をどう考えるかによりますが、自分の場合はプレミア感を演出させる為にも敢えて『新人割引き』を使い、出来るだけ長い期間予約で埋めさせ、店を建て直したこともあります。ただまぁ、これは時と場合によるでしょうね。


Qコース追加で気を付けることは?
割引きでも、コースでも、オプションでも何でもそうですが、足し算方式で上手くいくってわけではありません。足した分だけ引きましょう。欲張って引き算を忘れると、『迷走』する原因になります。良い例がテレビのリモコンですね。あれもこれも機能を付けると何のボタンか分かりません。人は分かりづらい風俗店を利用しない、というのは、わたくしの苦い経験です。


Qさらに店を増やしていくには?
デリヘル1店舗の需要というか客数のキャパは、オープンして3~4年後の結果で頭打ちになります。その後は横ばいか、下降線か。もちろん個別の話をすると、画期的な求人の仕組みを作ったりして盛り上がることもありますが、大抵の場合は新しい店を出した方が早い。飲食店だってそんなもの。

では、店を増やしていく時点でさらに必要になってくるのが『構成力』。どんなに優秀な経営者でも、自分1人で何店も切り盛りできません。部下に上手く働いてもらうには、自分の考えを順序立て整理する力がなければ伝わらないし、説得力も出ない。集客にしても、この力なくして人を惹きつけることはできません。店作りでも、動画でも、文章でも、同じようなネタでも面白く作れる人とそうじゃない人の差は、構成力の差です。


Qマーケティング能力を磨くには?
マーケティングと一口にいっても範囲が広いので、一概にこれがオススメとは言えませんが、全体的にいえるのは、専門知識や用語、先入観を前提に考えてはいけません。そしてとにかく『顧客の立場になる』ことですね。あと書籍でいうと、『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』がオススメ。カルビー株式会社の『Jagabee』やエステー株式会社の『消臭力』など、人気商品の立ち上げ時が分かる1冊になっています。


Q.経費を抑える経営方針について
金を生まないモノの経費を抑えるのは当たり前ですし、いざという時に貯めておく、というのは経営者の仕事でもあります。しかし問題は、どの部分が金を生んでどの部分が生まないのか判断を間違えるというか、凡人と金持ちの違いって、金持ちは金の使い方が結果的に上手かったわけです。そういう意味で、バシバシ削減するというより、何に金を使えば儲かるのか固定観念を外して見つめ直してもいいかもしれません。

また立ち上げてからの年月にもよりますが、起業初期は成長率が高いので、月5万円分の経費を抑えるならその分を稼いだ方が節約に力を入れるより断然ラクだと思います。


Q.セックスロボットの誕生で風俗はどうなる?
最近ではAI、風俗的にいえばセックスロボットの誕生がまことしやかに囁かれていますが、ここ半世紀くらいに実用化するとは思っていません。よく考えて下さい、わたくし達はあんなに簡単な確定申告でさえ四苦八苦して書類を作っているくらいですから。それより問題は、海外からの労働移住者です。安い外国人娼婦が増えれば日本の風俗料金はさらに安くなり儲けは減るでしょう。逆に語学を勉強し、闇のブローカーになれば、デリヘル経営するより大儲けできるかも(笑)


Q.スマホ広告のポイントは?
広告全般にいえることは、『どれだけクリックしてもらえるか?』になるわけですが、スマホはPCより画面が小さいので余計な情報・文言・画像は外し、メインを大きく見せて目立たせること。わたくしの場合だと、『コレはあった方がいいかな?』程度の情報は外し、『絶対外せない!』モノだけに絞りに絞ります。


Q.良い求人サイトを作るには?
これは答えが決まっていて、『女の子が好感を抱くデザイン』ですね。内容や文章はどこも変わらないので、やはり違いを出すならデザイン能力になるかと。あとは、応募する人の気持ちになれば分かるのですが『いかに女の子の不安を取り除くか』でしょうね。

テクニックについてですが、現時点ではスマホ版が重要なので、アプリや携帯ゲームを研究した方がいいかもしれません。ボタンの配置などよく考えられていて、参考になる部分が見つかるはず。ポイントは『親指の操作性』です。


Q.業界未経験者が欲しい。
簡単にいえば、未経験者がいる所を探して切り込んでいくだけです。つまり導線を引くわけですね。未経験者がいる所、というのは、そうですねぇ・・女の子達はどういったことに興味を持ち、どういった所に集うのか。その行動をよく観察していれば見つかると思います。


Q.SEO対策の為に、求人サイトにテキスト文章を多く使うべき?
現時点では、検索と求人の相性は良くありません。全国のほとんどの地域で大手求人媒体が独占しているからです。しかし将来どうなるかは誰も分かりません。もしSEO対策、という観点から見るなら、求人サイトと同一URLのブログ機能を付けましょう。

しかしより多く女の子に応募して欲しい、という本質を考えるなら、テキストは少な目が宜しいかと思います。エステや脱毛系のスマホサイトとか見ると、文字のほとんどが画像です。女の子はテキスト文を読んでくれない、というデータが実在するからです。逆にテキスト文の隅々まで読む娘というのは、既に応募の意思を決めている娘だけです。


Q.女の子を騙す求人に抵抗を感じてしまう。
歴史上の偉人から、『騙す』という意味を学びましょう。たとえば『海賊とよばれた男』のモデルである出光興産の創業者 出光佐三は、アメリカに向かうと思っていた乗組員に行先を告げず、悪い言い方をすれば、騙してイランに向けて出港します。それが国内外から喝采を叫んだ『日章丸事件』です。

騙して、説得して、どちらでもいいのですが、それで入店させることが悪いと考えるべきではありません。その後の対応だったり接し方次第で女の子に持たれる印象は全然違う。これらを上手くやるのが店員の器量だと信じましょう。まぁ騙さないでも店のブランドだけで入店してくれる日がやって来るまで頑張ればいいのではないでしょうか。


Q.うちの社長は求人対策にケチります。
仕方ありません。人は必要と感じないモノにお金を使ったり、行動することはありません。ただまぁ努力が給料として報われるかは別ですが、『Kaizen』という言葉を世界に知らしめたトヨタ生産方式では、改善は上からの命令で実行するのではなく、従業員が自ら知恵を出していくことが特徴です。


Q.身バレ対策の為に、在籍ページを全削除すると?
わたくしは市場原理を信じております。そして市場原理に逆行する行為は慎むべきだと思います。確かに風俗、特に地方では『バレる』というリスクは大きく、気持ちは分かります。しかし、いくら求人の為とはいえ集客要素を排除することは、将来の失敗の種を蒔くようなもの。もちろん自分が食える程度の売上げがあれば良い、拡大する気はない、といった形であれば削除されて宜しいかと思います。


Q.情報が多く、何を信じていいか分からない。
サイトの構築など、数値で表せるモノに関しては証明できますが、残念ながら自分の考え方の多くは『正しい』と証明できないので、わたくしとしても歯がゆいところではあります。ただ1つ言えることは、金儲けに役立つ考え方と役に立たない考え方があります。だったら客観的に見て、金儲けに有利な知識を脳に埋め込んだ方が得策ではないでしょうか。


Q.社長の立場なのに、モチベーションが上がらない。
気持ちはめちゃ分かります。たとえば安定した月400万円と、攻めて掴んだ月500万円だったら、400万円でいいや・・と思った昔の過ちがあり、自分もそのうち殻を破らないといけないとは思っています。ただまぁ投資の世界でも『休むも相場』という格言がありますので、危機感だけ忘れなければ、今はそういう時期だと思って仕事さぼってハッスルしてもいいかもしれませんね。





本日の格言
オープンして3~4年後の結果で頭打ちになる。





関連記事

2017年版 悩める風俗経営を質問から振り返る② |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ site1120
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら