FC2ブログ

スカウト会社に頼ってはいけない3つの理由

スカウトマン
『どうしてスカウトマンを使っちゃダメなの?女の子が働いた分だけスカウトバック払えばいいし、何よりも女の子が集まるからいいじゃん!』

なるほど。『スカウトを憎んで女の子を憎まず』という考え方ですね。わかります。

求人制作なんて面倒だし・・と思う方は、スカウトマンの連れてくる女の子を積極的に採用すればいいと思います。

しかし少しでも売上げをあげたいと思うなら、スカウトは極力控えるべきであるのに加え、お金以外でもスカウトからの入店はそれはそれで労力使うことになる。

そして何より、求人媒体で応募してきた女の子と、スカウトマンが連れてきた女の子では決定的な差があります。





女の管理がしにくい

会社
仕方のないことですが、スカウトマンが連れてきた女の子はあくまでもスカウトマンの物になる。

どうしても頼る相手は担当スカウトになりますし、全ての愚痴や悩みはスカウトに向います。つまり、日本人の美徳とされる愛社精神が低いわけです。

我が国の高度成長期を支えてきたのは従業員に会社へ対する愛があったように、貴方が作ったデリヘルの高度成長期を作るには女の子の愛社精神が必要になる。

ところがスカウトマンの連れてくる女の子は、愛しているのはお店じゃなくてカウトマンです。スカウトの為に稼ぐという女の子が大多数で、そういった女の子が大勢在籍すれば売上げがあがりにくい経営体質になるのです。





スカウトマンにまで気を使う

疲れ
質の良い女の子をちょくちょく連れて来てくれるなら、商売人のわたくしとしても率先してペコペコします。接待だってします。

ところがスカウトが質の良い女の子を連れてくる店は、とにかく稼げる一握りのデリヘルだけ。その他の店に質の良い女の子を流しても損してしまう。つまり並~低レベルなら連れて来ていいよ、程度しか思ってくれません。

スカウトメインで女の子を揃えている店舗は、たいした女の子じゃなくとも常にスカウトにペコペコしなきゃいけない。

だって求人広告で女の子を集められないんだもん。スカウトマンが連れて来ないと店が回らないわけですから、おのずと店側の立場が下になります。

しかも女の子が手を抜いて接客していると判明しても、スカウトの顔色伺って簡単に辞めさせられない。こんな感じでいずれにせよ余計な労力がかかるのです。わかりますね?





なんでもアリのスカウトマン

リスク
スカウトマンにリスク管理なんて存在しません。

実際にあった出来事でいうと、高校中退した17歳の女の子を住基カード偽造して面接に連れてきたことがありました。その時は気がつかず入店させたのですが、後日その子と話している中で実年齢が発覚し辞めてもらいました。

風俗店で未成年の雇用はヤバいです。

ま、初犯なら実刑になることは稀ですし、罰金も大した額じゃないですが店を潰さないといけなくなります。特に、同名義でいくつか経営している方は全てがオジャンになる可能性だってある。

それがたとえ未成年だと知らずに採用しても、そんな筋道は桜の大紋様に通用しません。

というわけで、スカウトマンがもうちょい頑張ってくれれば・・・。
いや、がんばんなくてもいい、絶滅してくれ。





本日の格言
ハイリスク・ハイリターンだけど、リスクが高すぎる場合もある。






関連記事

スカウトマンへの扱い方 |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら