FC2ブログ

転ばぬ先の!利益率だけで風俗経営を選んじゃダメよって話【上編】

利益率
個人の大半の問題は、自分のビジネスで十分な金が稼げたら解決します。そういった意味で、やっぱり男は黙って自営業。

とはいえ10年前ならいざしらず、現在のデリヘル経営は簡単に上手くいきません。楽して儲けたいなら、闇金やオレオレ詐欺の方がいいと思うし、ヒルズ族で話題になった『与沢翼』なんて人をカモって金持ちになった男もいますが、カモる奴の終焉は早いものです。

確かに、一瞬で金をかき集める能力はありました。やり方は別として、『世の中にはカモる奴とカモられる奴の2通りしかいない』という真実も本当です。

経営者には貪欲までの稼ぐ意識、商売人としの腹黒さも必要。が、与沢翼の真似をして一瞬でも大儲けできれば良いけれど、多くの人は日の目を見ることなく死滅するのでございます。

今の風俗業界はお客さんの役に立つものを作り、そこに人が集まってきて、その結果として商売が成り立つようになっています。


初めに儲けありきでは、ユーザーはついてきません。


人をカモってでも儲けたい・・・という方は、ホテルに泊まった際、机の引き出しの中に聖書が置いてあるので手に取ってみることをおすすめします。





ホリエモン版、風俗の利益率

利益率
皆様ご存知の通り、この世で確実に儲けたいと思うなら国債や定期預金でスズメの涙ほどの金利を稼ぐしかありません。もちろん商売には、『確実に儲ける方法』なんてものはありません。


儲けたいなら常にリスクとの闘いです。


これはデリヘル開業も同じ、風俗だって起業には数百万円のリスクを背負うことになりますよね。ただ、なんだかんだ商売における【儲け目線】でいうと、他業種と比べれば比較的儲けやすいのが風俗経営だったりもします。

たとえば、ホリエモンがいうところの、『初期費用がかからない』『利益率が高い』『定期的収入がある』『在庫が少ない』これを風俗経営に当てはめてみるとこんな感じ。


【儲ける四箇条】
『利益率が高い』=風俗では約50%が店の利益
『定期的収入がある』=男は定期的に抜きたくなる?かも。
『在庫が少ない』=風俗では完全歩合制の為、女性人件費がかからない。
『初期費用がかからない』=初期費用は・・・かかるかな。





風俗で儲けるなら客単価!

単価
風俗と美容室は、利益率は高いし在庫が無いのがメリット。飲食店を経営するのとは比べ物にならないほどビジネスモデル的には儲かる可能性が高い。

その反面、毎年多くの店が誕生するにも関わらず、残る店舗はひと握り。何故このようなことになるのでしょうか?

風俗といっても、デリヘルからSMや手コキなど『ソフトサービス』から『ハードサービス』まであります。そして起業の際は、どの業種やサービスで店を構えるか悩むもの。


ここでポイントは『客単価』になります。


サービスの内容を考えて値段を考えるのではなく、まずは客単価を決め、それに見合うサービス内容や女の子のレベルを設定する。

たとえば、客単価が60分16,000円のデリヘルにしようと決めます。基本内容はこれとあれ。そして、他店との違いを出すなら追加でこれ!こんな感じで店作りを考えます。あとは店の取り分が60分サービスで7,000円以上に設定すること。


逆に7,000円以下だと地獄へ落ちます。


これが2店舗目・3店舗目の新店なら客単価は低くても大丈夫です。しかし、初めて風俗店を起業する場合は、客単価を低く設定することはオススメしません。

いくら風俗店の利益率は50%だといっても、最初の店舗で客単価を低くすると、極端に潰れる可能性は高くなります。





客数はそれほど変わらない

客数
実際、いろんな業種を何店舗も出した経験のある方ならお分わかり頂けると思いますが、

■ソフトサービス(低料金)=客数が多い
■ハードサービス(高料金)=客数が少ない

低料金で開店し、お客の回転数で儲けようと考えても理想通りにいきません。開業当初は料金設定はほぼ関係ないと思って下さい。

ちなみに、ホームページから来店までの数は一般に3/1000人といわれてます。1000人見て3人の来客が見込めるということで、逆にいえば3人にしか見込めない。これはソフトだろうがハード関係なくそうなんですよね。ホント、やってみれば分かります。

風俗開業して一番辛い時期はやっぱり最初の1年目。この1年を乗り越えられると新たな扉が開く場合が多いのですが、大体1年耐えられず志半ばで閉めちゃうの方が星の数ほどいるわけです。その1年をなんとか乗り切る為には、同じ来店数でも


単価が高い業種で勝負した方が生き残れる確率は高いのです。





本日の格言
利益率だけ考えても失敗します。商売はもっと奥が深いのだ。





おススメ記事
■デリヘルで億を売上げる正しい考え方
■デリヘル開業資金は最低500万円!
■風俗求人に命かけない店は死あるのみ!






関連記事

転ばぬ先の!利益率だけで風俗経営を選んじゃダメよって話【下編】 |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら