FC2ブログ

デリヘル開業資金は最低500万円!

堀江貴文
ホリエモンは言いました。
『会社行かなきゃいいじゃん。起業すりゃいいじゃん。』


サラリーマンはリスクがありません。それはそれで良いことですが、サラリーマンで年収1000万円以上の給与を得る才能は『自分が仕事が出来る』のは当たり前。そして、部下に仕事をさせる能力も必要です。


しかし、この才能に恵まれている人は非常に少ない。


わたくしも個人で仕事をする能力はあっても部下に仕事をさせる能力は苦笑いするレベル。ただ、『仕事が出来る』才能があるなら小中規模の起業は問題なくできます。

たとえばラーメン屋。そこそこ流行ってる都会のラーメン屋なら年収1000万円以上稼いでいる店主はゴロゴロいるはず。原価が安い麺類を扱う飲食店では家賃や従業員の給料引いても相当残る。

ではこれが風俗の場合はとういと、当たり前だが本来デリヘル経営は儲かる仕組みになっている。ラーメン屋の経営者が年収1000万円とすれば、その3倍の年収になってもおかしくない。

しかし、どうしてこれだけ多くの風俗店が潰れていくのでしょうか?





デリヘルの閉店数

開業資金
たまにある質問が、簡単に利益が上がると期待して甘い気持ちでデリヘル起業される方のこのような質問。

『デリヘル開業して、3ヶ月で開業資金をペイして半年後には1日の来客が30人程度に。1年後には年商1億円にして・・・』とかこんな感じ。

デリヘル起業して月500万円は残るとして・・・みたいな都合のいいように考えてしまう人も多いです。自分の読みが当たるかどうかは3ヶ月もやってみたら分かりますが、取り敢えず起業する前にこちらをご覧下さい。

凸撃!風俗体験男

こちらのブログに首都圏で閉店したものをズラリ並べてます。デリヘルは簡単に作れるので出店数も多いが閉店数も多いでしょ?更に、これが全国版だったらどうでしょう?凄い数になる。

まずはこれが現実です。





見切り発車でも良いが、軍資金は多めで!

売上げ
一から立ち上げた経験があるなら別ですが、2・3年勤めた程度の風俗店員だろうが、全く経験のない素人だろうが開業する能力にほとんど差はありません。

わたくし自身、風俗経験はほぼありませんでした。

しかしながら、やはり経験とコツを知らないと時間が掛かります。これで飯食ってるプロとアマチュアでは、そもそも持ってる引き出しの数が違います。素人から経営すると、軌道に乗せるまでのこの期間で資金を食い潰してしまう。

大抵の方は、開業3ヶ月間で来客0人なんて想像しません。でもそうゆう店舗ってあるんですよ、ふつーーーに!だからこれだけ潰れていくのです。

その為には、軍資金は多ければ多いほど良い。どんな商売もそうですが、経営して利益をあげるには実力もさることながら『運』もあります。

たまたま美人が立て続けに入店してくれた。バブリー客が頻繁に利用してくれるようになった・・・そうゆう小さな運をかき集めていけるのは店が存続しての話。

まぁ、大金投資してデリヘルオープンさせても潰す人はすぐに潰すし、少ない費用で大成功する人もいますが、基本的な商売の考え方は


ハイリスク・ハイリターン
ノーリスク・ノーリターン



これが基本であり、1万円で10万円狙うより30万円で100万円を狙うような感覚がビジネスの成功率は上がります。

風俗開業もそう。たとえばデリヘルを200万円で開業したら一文無しになるが、800万円で開業したら2億円になるかもしれない。商売を始めるにあたりこの何百万円の差が非常に大きいんだよなぁ。。




デリヘルでも開業資金500万円(最低)必須

儲からない
400万円で開業しようと相談に来た方がいるとします。そしたら自分の回答はこうです。

『あと100万円は必要です。誰にも借りれないなら、開業を1年先延ばしてその1年で100万円貯めてから起業すべきです。』

1年先延ばししても、成功確率はそれほど変わらりません。むしろ開業資金が多い分だけ確率は上がります。そして、1年で100万円貯める忍耐と根性があれば更に確率は上がります。

店舗型やホテヘルと違って、デリヘルは200万円もあれば十分開業できます。

金を生まない事務所や待機所は格安物件でいいし、内装入れずパーテーションで済ます。車は燃費が良くて走ればいい。備品は格安、パソコンもデルの中古でオッケー!


その代わり、金を生む物には投資する。


営業広告費は10万円、求人広告費は5万円で様子見てみるかぁ。。なんて甘く考えないこと。

地域にもよりますが、たとえば京都や福岡クラスの都市でのデリヘル起業なら最初の3ヶ月間は毎月の営業広告費15万円、求人広告費20万円が最低ライン。首都圏・大阪・名古屋なら更に+10万円は必要です。

カーネル・サンダースがケンタッキーフライドチキンを始めたのが65歳。日清食品の安藤百福さんが事業に失敗してすってんてんになり、チキンラーメン作ったのが48歳。こう考えれば起業に年齢はございません。

ま、こんな偉人達のようなセンスと行動力がなければ資金が必要ってことです。

200万円でデリヘル開業できると騙されて一文無しになるよりは、資金が貯まるまで辛抱した方が後々いい夢見れると思いますよ!


えっ!?500万円が高い??!!


キャイーンの天野君は資産10億らしいですぜ・・・





↓起業前に知っておくべき風俗嬢の存在
風俗嬢を管理するなら、まずはどんな生き物かを知るべし!





関連記事

風俗嬢を管理するなら、まずはどんな生き物かを知るべし! |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら