FC2ブログ

スカウトマンへの扱い方

プライド
『今どきの若者は!!』というのは太古の昔から言い尽くされている慣用句ですが、それにしても自分がスカウトマンの時代はブサイクを採用してくれたら次回は何が何でも可愛い娘を連れて行くぞ!というささやかなプライド持って仕事していた。(自慢にならないが)

しかし、最近のスカウトマンときたら楽して金儲け臭しか感じられないほど殺伐としております。

自分の損得勘定ばかりで、まずは信用されるという努力をしない。少しでも稼ぎが悪いと次々移動させる。

おまけに、どう考えても金にならんでしょ?という女の子まで声をかける・・・。他人事ながら心配になる今日此の頃でございます。





スカウトマンへの扱い

はてな
さて、スカウト嫌いな自分はスカウトによる店舗の弱体化を書いてきましたが、嫌いは嫌いでもスカウトマンを邪険に扱うといかんとです。コレ重要!

多くの風俗店は上司が部下を引き連れてスカウト活動することは少ないでしょうし、自分でスカウトして女の子を連れて来る経験もほぼないと思います。しかし、そうゆう経験がないとスカウトマンの大変さが分からない。

この大変さを知らないと、出世し店長になったり部長になりまた独立しようと開業を考えている方は、スカウトと直に付き合う時に徐々に見下す態度を取ってしまったりする。ただ、はっきりいいますが


女を風俗に入れることは簡単じゃありません。


ヒモなんかもそうですよね?ヒモにはヒモの苦労があるわけで、女を喜ばすコミュニケーション能力と忍耐力がないと飯食わせてもらったり金貸してくれたりなんかしません。

スカウトも最初のうちこそ必死こいて声かけますが、捕まらなかったり、せっかく連れてきた女の子がすぐ飛んじゃう。

しかも、どの風俗店も可愛く業界未経験の女の子を求めるので労力に見合うリターンが少なくスカウトマンを辞めていく人も多い。あぁ、心が痛む。。





スカウトマンには飴と鞭

ブーム
しかし、自力での女の子の確保が厳しいスカウト頼りの店舗は、スカウトに飴を与え過ぎ!優しく接することは必要だけれど、必要以上にペコペコする必要はない。

じゃあどうするかというと。


1人目⇒ややブサイク
2人目⇒やや可愛い
3人目⇒ブサイク
4人目⇒可愛い


ブサイクな女の子を連れてきたら、『今回はなんとかこの子でも稼げるように頑張るんで、次回は良い子お願いしますよ~!』なーんて念を押して飴と鞭を使い分けていました。

もちろん次回もブサイクだった時は、『前回あれだったんで勘弁して下さいよ~!』と、少しきつく言い採用せずに帰します。そうやって悪どいスカウトマンにナメられない程度にメリハリつけて採用するのです。

ま、スカウトも可愛い子ばっかりつかまえられるかといえばそうじゃないですし、その辺も分かってあげれる店舗だとお互いに軽ーーーい信頼関係が築けるものです!(笑)





前のページヘ | 次のページへ

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら