FC2ブログ

コンサル失敗例を正直にぶっちゃげます。【こんなはずじゃなかった・・】編

失敗例
突然ですが、カミングアウトさせて下さい。

こんなブログ書いておきながら、わたくしも失敗はあります。凡ミスもあるし、計算を読み違えることもある。あるけれど、失敗してもすぐに修正し、また軌道に乗せられる点がプロと素人の差。

しかし、どれだけ知恵と経験を働かせても無理なこともあります。正直いうと、今まで2回のコンサル失敗がありました。

で、今回は『こんな奴には依頼したくない』と仕事が減る覚悟で『生ぬるい起業で成功ナシ!』ということをズケズケと書きます。

まず、1つ目のコンサル失敗は『店を作ることがゴールになった件』です。

自分の店を持つことが出来た達成感からの、燃え尽き症候群に陥ったケース。店を作ってからがスタートなのに、ヤル気が全く湧かない。こちらも初めての失敗になるかもと焦り、ケツを叩きましたが無理でした。

この件があってから、とにかく『ヤル気』を重視することになります。

一般のコンサルタントで『売上げなんて簡単ですよ、私がフォローしますから任せて下さい!』と仕事欲しさに言う人もいるかもしれませんが、


そういう場合は大抵失敗します。


自分の場合は、仕事を受けるからには『お客さんの人生を半分背負う』つもりでいます。コンサルってそういうもの。だから初めに大変ですと正直に話します。

楽して成果が出ることはまずありませんし、任せっきりとかあり得ないって言います。店作りの準備段階で『この人ダメだな』と思ったら、お金を返して仕事を降りることもあります。超上から目線ですが、蛇の道は蛇。

技術やテクニック、経営に関する考え方は一緒にやっていくうちに後から身に付けられるものですが、個人のヤル気までは操作できないからです。





こんなはずじゃなかった・・

ゴール
世の中にはいろいろな人がいて、誰もがみんな自分がやりたい仕事に就けるわけじゃありません。いくら歌手になりたくたって肝心の歌声が?なら望み薄だし、鳶職に就きたくても高所恐怖症なら無理でしょう。

仮に希望の仕事に就けても、理想と違う場合だってあります。デリヘルだって実際に経営してみると『こんなはずじゃなかった・・・』といった点が必ず出てきます。

でも、スタートしたからには石に噛り付いてでも『飯を食っていく』強烈な覚悟が必要なわけですよ、強烈な覚悟が。


だって自分が楽しむために仕事しているわけじゃないですよね?


俳優も『楽しんで撮影に参加しました』とか口ではセールストークいってるけど、実際には『なんてキッツいんだ、こんなの死ぬわ、こんちくしょう』と撮影中を過ごすわけです。だって売れなきゃ飯食えなくなるんだもん。





2つ目のコンサル失敗例

強烈な覚悟
で、2つ目の失敗。いや失敗どころか、周りの新店と比べると格段に上手くいっています。

もちろん自分の給料がちゃんと出るなんて先の話だけど、オープン2ヵ月で広告費は賄えるわ、家賃だって払えるくらい。

でも残念ながら、『このままでは1年持たない』とご本人には伝えました。最初の想いを思い出して頂く意味でもです。

確かに経営センスは元の能力で差が出ることもあります。ただそれは金勘定の能力だったり、実務能力ではありません。


意志が強いかどうかの能力です。


昔はぼちぼち頑張る程度で何とかなったけれど、今は違います。女の子のスカウト1つとっても、誰も出勤していないのにPCの画面をボーっと眺めている人と、毎日空いた時間を利用して石に噛り付いてでも探す人とでは成果に雲泥の差が出ます。

このブログでは抽象的な面もありますが(だって具体策は飯の種だし)、わたくしは単なる想像上のアドバイスではなく、身を持って示す仕事派です。

そして作戦を練って店を作り、求人対策から女子管理まで手取り足取り千本ノックを行います。が、それを生かすも殺すも本人次第。1~2年、そばにいてアドバイスできるなら別ですが、それは無理なわけです。





商売は儲かってナンボ!

優先度
商売は『儲かってナンボ』。利益を出さない企業は悪ともいいます。皆様もお分かりだと思います。しかし、頭の中では分かっているつもりでも、いざ自分のことになると出来ない。

儲かるんだったら、自分が楽しいとか自分のこだわり、自分の価値観なんてどうでもいいはず。ヱヴァンゲリヲンみたいに


『なんでこんなことしなきゃいけないんだ・・』


とか、成功したい経営者なら絶対思わない。こだわりにしても『利益を出す』ためにこだわるのであって、自分がコレをしたいからするという感覚では利益が出るはずがありません。

これまで口だけでやりたいと言う人はたくさんいましたが、こちらがお伝えしたことを実践されていない人もいました。そういう人に限って出来ない時の言い訳が多かったり、優先度の低いことをしていたりするんです。

昔、ひとりの少女がスターになることを夢見て、わずか35ドルの現金とボストンバッグを持って、田舎からニューヨークにやってきました。

彼女は毎日ドーナツ屋でアルバイトをしながら、ボロボロのアパートに住み、貯めたお金を全てダンスレッスンに使いました。そして、オーディションを受け続けました。

その後、小さなチャンスをいくつも掴み、彼女はすこしずつ頭角を現します。ニューヨークに来てからたった5年目に出した彼女のシングル『ライク・ア・ヴァージン』は世界的ヒットになります。

彼女の名前はマドンナ。
ポップスの女王です。





本日のつぶやき
絶対成功させるから、反抗せずに、素直に一所懸命やって下さい、以上!





おススメ記事
■【風俗マーケティング】新しいサービスを経験から語ってみる
■集客が売上げより大事だと思う理由を勝手に解説
■閉店の原因。それは求人の仕分け作業にある。【永久保存版】





前のページヘ |

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ @fuzokup
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら