FC2ブログ

【Instagram】は求人対策に効果アリ!【無料】

Instagram
求人を男目線で作ってしまうと、どうしてもテキスト文章が多くなってしまいます。細かい部分までアピールしたい、あれもこれも加えたい。

俺の熱意を届けたい!

そうして制作していくと、文章がダラダラと長くなってしまい、結局のところ何を一番伝えたいのか分からないモノが完成してしまう。

残念ながら女子はそんなテキスト文章をスッ飛ばしていくんですよね。つまらない・・と。だから熱意の『ね』の字も伝わらない。

こういったサイト分析は数字で結果が分かるので、女性向け『ファッション』『化粧品』『シャンプー』などを取り扱うサイトの特徴として・・


余白を多用。
画像が9割。



テキストなんてほどんど使いません。伝えたいことが伝わらず、逆効果になるからです。

女性は『好き』も『嫌い』も『可愛い』も『可愛くない』も視覚で判断します。視覚、つまり画像が全て。風俗求人においてもターゲット層は同じですから、高感度の高い画像を並べることがベストというわけ。

そこで最適なのが【Instagram】です。写真で女子を惹きつけるのです。風俗の悪いイメージを変える印象操作といっても宜しい。

貴方の熱い想いはテキスト文ではなく、画像や写真を使ってデザインしなければいけない。

ということで、風俗求人対策において、インスタがどれほど優れているか。こちらをご紹介しましょう。





どうして求人に向いているのか?

ブログ機能
多くの店舗さんはTwitterを利用していると思います。もともとTwitterはテキスト中心のPCから生まれたやや古めのコンセプト。

それに比べてインスタは、スマホが誕生して開発され、スマホで撮った写真を投稿する新しいコンセプト。

利用者にも違いがあります。インスタはTwitterと違って変なおっさんが少なく、約8割が若い女性。しかも20代の若年層が中心。ここがポイントです。


インスタは女子が集う場!!


わたくし達は、女性の求人が欲しくてたまらない。だったら女子が集まるところに行って行動するべきであり、効率だって高くなる。

今だから言える昔の企業秘密を紹介しますと。インスタには有料広告があり、審査が非常にゆるい時期があったんですね。フェイスブックは厳しいのに、なぜかインスタはすんなり通る、みたいな。

もちろん審査を通すそれなりのテクニックは必要でしたが、わたくしのクライアントはインスタ広告を使い、求人を集めてひと儲けしたのです。だってライバルもいなかったし。

このように求人対策をする場合、女子が集まるところに力を入れることが前提になります。そのためには女子がどんなことに興味を持っているのか、常に情報を取得しないといけません。





ブログが苦手ならインスタ!

苦手
ネタ探しから、文章力まで、ブログは書き続けるのが非常に大変です。

ブログは苦痛だけど、スマホで写真撮ることは頑張れる、といった御方にはインスタが最適。しかも無料です。

もちろん単に写真をアップしても効果はありません。風俗求人という視点を考えて投稿できる人。撮影上手な人。つまり頭を使える人なら、無料で女子を集めることのできる


素晴らしいツール!!


今どきの凄腕スカウトマンは路上に立つだけでなく、ネットを駆使します。Twitterなんて良い例で、そこから女子を引っ掛けており、成功法として確立されています。昔の出会い系のような存在でもありますね。

しかしTwitterはスカウト手法が知られているので、ライバルも多い。その点、インスタはライバルが少ないこともメリット。

または求人サイトを作って、インスタと紐付けてもいいですね。

写真の見栄えがより効果を増すので、サイトが充実する。結果として問い合わせに繋がったりします。

SNSが良い例で、やろうと思えばお金を使わなくたって利益を生み出す手段はあります。ただし無料サービスを使って儲けるには、頭を使えないと時間の無駄になるだけでもあります。その点だけはご了承下さい。





本日の格言
女子が集う場所を知る。そこへ飛び込む。





前のページヘ | 次のページへ

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ site1120
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら