FC2ブログ

金遣いの荒い客を呼び込むなら、クレジットカードは必須で。

クレジットカード
クレジットカード決済を導入するのは、『機会損失』の改善。つまり新規顧客を獲得するため、ですね。

昔はカード決済を対応しているデリヘルは少なった。本音をいっちゃえば、現金商売が旨みの風俗店にとり、クレジットカードは不都合な存在ですもんね。

カードで決済されると入金は遅いし、売上げも抜けない。使用客も少ないうえに、カード決済されると手間もかかる。

風俗店は一般のお店、たとえば飲食店と違って、直接カード会社の加盟店に入れません。そこで中間業者である『決済代理店』が登場するわけですが、運が悪く倒産しちゃって・・


入金されないケースだってあります。


こういった理由で、新店が導入することなんてほとんどなく、大手が導入していたくらい。導入するにもお金が必要だったし、世間的にも現金決済が当たり前だったので、それで良かったのです。

ところが、今や新店でも最初から対応するべきだと思います。まだまだカード決済客は少ないでしょうが、これだけクレジットカードが普及してきたこと。導入費も必要なくなったこと。そして顧客心理も関係します。

そこで今回は、クレジットカードを導入すべき大きなメリット。そして商売的な視点から『決済客の心理』を考えますので、参考にして下さい。





クレジットカードを使う層

カード決済
今の時代、クレジットカードは学生でも主婦でも持てるわけですが、利用率になると話が変わってきます。

利用率はやはり大都市で多く、その中でも一番多くカード決済をするのが首都圏。年齢層は40~50代です。

しかもカード利用額が多ければ多いほど、収入も高い傾向にある。当たり前ですが、収入が少なければカードの審査も通らないからです。


ここがポイント。


貧乏な若者しか来ないファミレスやマックなら、現金決済のみでいいでしょう。しかしデリヘルはそうはいきません。

高級デリにもなると3万円を超えるし、そういったお金を使える層が30~50代とすれば、客単価が高いおっさんを狙うならカード決済は必要になりますよね。

わたくしもカード決済主義者です。どうしても利用したい店舗で、かつ、現金決済のみの対応であれば、わざわざコンビニ行って引き出しますが、そうじゃなければ、カード決済可能な店舗から選びます。

こんな人は地方でも増えたはず、これが機会費用。カード対応することで、選んでもらえるチャンスを得たのです。





金遣いの荒い客を呼び込む

呼び込み
お客といっても全て同じではありません。

金遣いの荒い中小企業経営者様なんて、一般客の何倍もお金を使ってくれるし、気に入ってくれれば店に何度も足を運んでくれる可能性が高くなる。

さすがに風俗では『20%の客が80%の売上げを占める』なんてことにはないでしょうが、『40%の客が60%の売上げを占める』くらいはあるはず。であれば、優良客が来やすく、


お金を使いたくなる仕組みや工夫は当たり前。


こういった金持ち客には、数パーセントの手数料とかごちゃごちゃ考えなくてもよろしい。

20%も取るとボッタクリ感が漂いますが、多少の差をいちいち気にして遊ぶことはありません。キャバクラなんかはこれが躊躇に現れますよね。

つまりお金持ちほど細かいことを気にしない。ただし、金持ち客はお金を持っているだけに、選択肢も多いです。つまりカード決済が出来る程度で利用してもらえるわけじゃないので、念のため。

ここからは余談です。

クレジットカードは、正しく使用すればいいものですよ。わたくしは貯めたポイントでジュースを箱買いし、待機所でキャストに振る舞っています。

経費もほとんどカード決済するので、ポイントがざくざく貯まりますし、なんせ利用明細をそのままコピーして申告できるので、手間も省けます。





本日の格言
お金を使いたくなる仕組みを考えよう。





関連記事

集客が売上げより大事だと思う理由を勝手に解説 |

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

福崎小太郎

Author:福崎小太郎
【ブログ名】デリヘル開業~風俗の売上げを考えるブログ

ホテヘルやデリヘル経営を中心に、女子管理やサイト制作、求人・広告等をまじめに考えたブログです。

■□■□■【お問い合わせ先】□■□■□
MAIL⇒ fuzokuup@yahoo.co.jp
LINE⇒ site1120
■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【お仕事について】
一部のメルマガ以外、全てのお仕事は全て有料でやらせて頂いております。詳しくは『お仕事のご依頼』ページをご覧下さい。

【引用・盗作について】
ブログの引用はリンクを貼って頂ければ可能ですが、盗用・文章の加筆が多いので、無断転載は原稿料を支払って頂きます。

検索

人気記事ランキング

いつまでたっても求人が来ない・・・

求人を劇的に増やす!詳細はこちら